メール配信自動連携API

配信リストのアップロードが不要

差し込み機能を利用して配信を行う際など、XMLにはメールアドレス以外にも名前やID、購入商品などの個人情報を加えることがあります。
「repica auto-mail」では、外部のシステムとのAPI連携で取り込んだこれらの情報は、データとしてサーバに保有することはございません。
配信の際に一時的に保持するものの配信から90日後にはサーバから自動的に削除します。
これにより、外部サーバに個人情報を預けることなくセキュアな状態でASPのメリットを生かした配信が実現できます。
個人情報流出の心配もなく安心してご利用いただけます。

ページの先頭へ