“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

今すぐ始められる!(送信側の)迷惑メール対策

こんにちは!メッセージングソリューション事業部の吉田です。

何度かに亘り、迷惑メール対策やなりすましメール対策に関する技術や機能のご紹介をしてまいりましたが、実際にメール配信を実施されているお客様やメール配信をご検討中のお客様から大きな反響をいただき、みなさまの関心がとても高いテーマであることがわかりました。

迷惑メール対策その1!SPF
迷惑メール対策その2!DKIM
米軍も採用したメールの暗号化方式!STARTTLS
多くの金融機関も採用!S/MIMEとは?

その上で、今回は少し毛色を変えて「今すぐ始められる(送信側の)迷惑メール対策」をご紹介したいと思います。

 

【なぜ「迷惑メール対策」が必要なのか】
当然ですが、メール配信には「送信側」と「受信側」がいます。「迷惑メール対策」の定義は、この両者で一見まったく正反対のように見えます。

適切なメールなら、対策しなくても普通に送れば届くんじゃない?と思われるかもしれませんが、携帯キャリアやインターネットサービスプロバイダの迷惑メールに関するルールは年々厳しくなっています。その背景には、不明なアドレスや登録した覚えのないサービスからの迷惑メールだけではなく、メールを利用したフィッシング詐欺などの横行も挙げられます。

つまり、迷惑メールに敏感になっているキャリアやユーザに対して、「これは適切なメールですよ!」「正当な企業から送っている大切なメールですよ!」「あなたにとって価値のあるメールですよ!」ということの“証明”をすることこそが、企業(メールの送信側)の「迷惑メール対策」なのですね。

 

【本当の意味での「迷惑メール対策」とは】
その上で、その“証明”を機能として実現するのがメール配信システムだという点は以前も書かせていただきました。

・・でも、そもそもちょっとおかしいと思いませんか??

メール配信は基本的に「メール送りますよ?いいですか?」「いいですよ!」という、送信側と受信側の合意のもとで行われます。これを『オプトイン』といい、この合意がとれていないメール配信は違法です。(このお話はまた別の機会にしますね)

このように、本来は、“送信側と受信側は♡両想い♡”であるはずなのです。

つまり何が言いたいかというと、本当の意味での「迷惑メール対策」というのは、送信側と受信側の双方が、適切なメールや必要なメールを確実に送る/受け取る環境を作ること、です。先ほど一見正反対に見えた「迷惑メール対策」の定義は、本質を考えると実は同じことだったんです。

 

【今すぐ始められる!(送信側の)迷惑メール対策】
前置きが長くなりましたが、今回のコラムの本題です。

送信側と受信側の双方が、適切なメールや必要なメールを確実に送る/受け取る環境を作ることを望むなら、今すぐに送信側が始められる対策がいくつかあります。

最初にお伝えした、送信側の迷惑メール対策:「適切なメールを迷惑メールと見なされないようにし、確実に届けるための対策」のポイントは、まずは受信側に「これ迷惑メールだ(▼_▼)」と見なされないこと。「このメール待ってました(^▽^)」と思われること。そのためにユーザのことを考慮したメールを送りましょう!ということです。
迷惑メールと見なされることで、受信側(ユーザ)に嫌われてしまうだけでなく、その手で迷惑メールBOXに入れられてしまうことで、受信側(キャリア)もそのメールや配信元を迷惑メール・迷惑メール業者と見なしてブロックしてしまったり、迷惑メールBOXに自動で振り分けてしまったりという可能性があり、他のユーザへの影響やブランドイメージの低下などの悪い結果しか生みません・・

以下は、そうした悲しい事態を避け、受信側にもメリットを提供できる(目的を果たせる)方法です。小さなことかもしれませんが、ぜひお試しください^^

 

1.アドレス帳に登録をお願いする

受信側に、「このメールを受け取ります!」という意志表示をしていただく方法です。送信側と受信側の両想いを“証明”する方法とも言えます。携帯キャリアアドレスをご利用のユーザには「ドメイン指定受信の設定」、Webメールをご利用のユーザには「送信元アドレスのアドレス帳への登録」を促すようなコメントを、目に触れるところに記載しておくといいでしょう!そこまでしてくださったユーザからは、迷惑メールと見なされる可能性も格段に減ると思います。
◆おすすめ対応:メールアドレスの登録画面やマイページへの記載など

2.送信先にあわせて適切なメールをする

携帯キャリアアドレスやWebメールアドレスといったメールアドレスだったり、スマートフォンやガラケー、タブレットやPCなどのデバイスだったり・・受信側の環境はさまざまです。そのため、一つのデザインでみんなが同じように見えるとは限りません。見にくいメールは、見られなくなってしまい・・やがて迷惑メールと見なされてしまう可能性が高いです。それぞれの受信環境(アドレス、デバイスなど)に合ったデザインや書式を用いましょう!
◆おすすめ対応:マルチパート配信、レスポンシブメールなど
※マルチパート配信…受信側の閲覧環境に応じて、(主にHTMLメールとテキストメールなど)表示を分ける方法
※レスポンシブメール…HTMLメールのレイアウトを、閲覧するデバイスに合った表示にする仕様のこと

3.タイムリーに送る

ここは気を遣われている方が多いと思いますが、例えば夜中や早朝に送らないなど、受信側が迷惑だと感じる時間帯にメールを送らないことも大切です。遅延等が発生し、意図せずそういった時間に届いてしまう場合は、高速配信に対応しているメール配信エンジンの導入を検討してみるといいかもしれません!
◆おすすめ対応:高速メール配信エンジンの導入、配信時間帯の設定など

4.メルマガの解除手続きは簡潔に

本当は解除されないのが一番ですが、解除は簡単にできる方がおすすめです!ユーザに「解除したいのにできない=面倒なメール・迷惑メールだ!」と思われて、迷惑メールBOXへ入れられてしまうと、そのメールや送信元は迷惑メール・迷惑メール業者と見なされるようになってしまう可能性があります。そのリスクを避けるためにも、ユーザにとってわかりやすいフォーマットやフローを心がけましょう!もちろん登録時もです!
◆おすすめ対応:メールアドレスの登録・解除フォーム(ワンクリックでできるもの)など

 

いかがでしたでしょうか??
上記は、今すぐに始められる対策だと思いますし、送信側と受信側の双方にメリットがある(目的を果たせる)内容だと思いますので、ぜひ実践してみてくださいね!また今後も、このような情報を追加してお届けする予定ですので、ぜひチェックしてみてください。

より詳細なご案内は、以下のリンクからダウンロードできる資料に記載してあります。併せてご確認いただければと思います^^

【資料ダウンロードはこちら】
メール配信の効果を最大化する7つのポイント

 

「アララ メッセージングソリューション」のご紹介

私たちは、アララ メッセージングソリューションとして、
・高速メール配信エンジン「repica sender」(MTA)
・メール配信管理システム「repica editor」
・メール配信自動連携API「repica auto-mail」

という3つの製品パーツを、企業のお客様向けにご提供しています。
オプション機能を含め、お客様のご要件に応じて構成をアレンジすることが可能です。

また、すべての製品にオンプレミス版とASP版をご用意。ASP版にはサーバ共有プランと専有プランに対応しており、ご要望・ご予算・配信ボリューム等に合わせた、最適なご提供が可能です。

メール配信に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

ページの先頭へ