“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

【導入事例】gmail、yahoo宛のメール配信性能を重視しrepica sender導入

こんにちは! MS事業部の関本です。
今回は、gmail、yahoo宛のメール配信性能を重視し、高速メール配信エンジン「repica sender」をご導入いただいたお客様の事例について、ご紹介します。

本コラムをご購読いただいている方の中にも「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛のメール配信において、時間がかかるなぁと感じたことがある方もいらっしゃるかと思います。

こうした課題で困っている方、これからメール配信システムを活用してみようと思われている方へ、本コラムが少しでもご検討のお役に立てれば幸いです。

 

導入前の課題

今回、高速メール配信エンジン「repica sender」を導入いただいたお客様はWebメディアを運営し会員向けに自社のメール配信システムから約200万通のメールマガジンを配信されていましたが、以下のような課題を抱えられていました。

お客様が抱えられていた3つの課題
1.「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛のメール配信性能の課題
「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛のメール配信通数が増加し、1日かかってもメール配信を完了できない状況が続いていた。

2. メール配信時のシステム負荷の課題
「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛に大量メール配信をした結果、エラーが大量に返ってきてリトライでメールサーバが高負荷となり運用上、監視の強化していた。

3. 複数台のメールサーバ運用によるインフラコストの課題
メール配信時のシステムの負荷も考慮し、gmail、yahoo用にメールサーバを増設したためインフラコストが膨らんでいた。

 

repica sender導入理由

今回、高速メール配信エンジン「repica sender」を導入いただいた理由は、主に以下となります。

「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛の独自のメール配信制御機能
「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛のメール配信性能の課題に対して、「repica sender」では、ドメイン毎に最適なメール配信制御とチューニングが可能なため、高いメール配信性能を見込めると判断いただいたのが、導入ポイントとなります。

また、今回「repica sender」オンプレミス版の2週間トライアルにて、実際にメール配信も行っていただき高いメール配信性能を実感いただいたのも決め手となっております。

 

導入効果

今回、高速メール配信エンジン「repica sender」を導入したことで、以下の効果を得られたとお客様からお聞きしております。

repica sender導入により得られた3つの効果
1.「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛のメール配信性能向上
repica sender導入前と比べ、以下の導入効果がありました。
・「gmail.com」宛のメール配信性能が約1.5倍に向上
・「yahoo.co.jp」宛のメール配信性能が約2倍に向上

これにより、これまでエラーとなってメールを届けることができなかったユーザーに対してもメールマガジンを届けることができるようになりました。

※導入後のご利用イメージ
「gmail.com」「yahoo.co.jp」宛のメール配信性能向上

 

2. メール配信時のシステム負荷の軽減
これまでのメール配信時のメールサーバ負荷については、導入後は効率的なメール配信処理が実現でき、リトライのために滞留するメールも減少し負荷も軽減することができました。

3. メールサーバ台数を複数台から1台にできインフラコスト削減
これまでメールサーバは2台構成で運用していましたが、repica sender導入によりメール配信性能が向上したことで1台での運用を実現できインフラコストも削減することができました。

 

以上、今回のコラムいかがでしたでしょうか?

gmail、yahoo宛のメール配信でお困りの方は、ぜひrepica senderをご検討ください!
引き続き、よろしくお願いいたします!

トライアルをご希望の方は、以下のページよりお申し込みください。

repica sender無料トライアルお申し込みページ

ページの先頭へ