“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

BtoBのメール配信は、「夕方」が効果的!?2017年の配信結果を大公開!

こんにちは!メッセージングソリューション事業部の吉田です。

2017年から、(決して頻度は高くありませんが)このコラムを始め、メンバーでコツコツと更新してまいりました。まだまだ未成熟なコンテンツであることは私たちも自覚していますが、最近「毎回楽しみにしてるよ!」といったコメントをいただくことも増えてきて、とてもうれしく思っています。引き続き、少しずつではあるかと思いますが、みなさまのメール配信に役立つ情報をお届けできればと思っていますので、本年も何卒よろしくお願いいたします^^/

 

さて、2018年最初の今回は、
・2017年 私たちの配信したメールの効果測定結果を大公開!
・2018年 (2017年の結果から)チャレンジしてみたいメール配信!

という内容でお届けいたします。

2017年にこのコラムを始めてから、私たちはコラムの更新情報をメールでもお届けしてきました。メールもコラム同様、決して頻度は高くありませんが、その配信結果から得られた情報を2017年のまとめとして報告したいと思います!

 

2017年 私たちの配信したメールの効果測定結果を大公開!

<参考情報>
・対象時期:2017年7月~12月
・配信頻度:月に2~3回ずつほど
・配信先:300~400件ほど(変動あり)
・メール内容:コラムの更新情報(HTML/TEXTメール)

 

1)曜日別・メール開封率

効果測定のため、配信リストをランダムに5つに分け、平日の5日間に送り分けをしてきました。基本的には、BtoB(企業のお客様へ)のお仕事用のメールアドレスへの配信でしたので、土日は割愛しました。
グラフにすると上記のようにでこぼこが見られますが、毎回の効果測定結果を確認していた所感としては「月曜日と火曜日が同じくらい」「月曜日と火曜日が比較的開封率がよい」という感じでした。ただし、水曜日の落ち込みは毎回なかなか顕著でした。

 

2)時間別・メール開封率

時間に関しては、「朝配信すれば通勤途中に見てもらえるかも!」「お昼休みに開いてくれるんじゃない?」など、お仕事をしている方たちの行動をいろいろとイメージしながら配信していました。
そのわりに、グラフではそこまででこぼこが見られませんでしたが、「16:00が意外に健闘している点」が気になりました。この点は2018年に深堀りしたい点のひとつですね。

 

(2017年の結果から)2018年 チャレンジしてみたいメール配信!

さて、以上の振り返りから、2018年にチャレンジしてみたいことを挙げてみました。

◆16時以降の配信
これまでは朝やお昼に主に配信をしていましたが、16時の開封率が意外に健闘していたことから、今後は16時以降の配信にも注目してみたいと思います!

◆デザインパターンを増やす
HTMLメール・TEXTメールともにこれまでワンパターンだったデザインにもバリエーションを増やし、より見やすいメールや伝わりやすいメールを追求してみたいと思います!

◆クリック数増にこだわる
これまでメールのデザインがワンパターンだったこともあり、メール内に設置したURLのクリック数はある程度想定通りのものであり、今回は報告対象にしませんでした。ただし一部で(微妙な違いですが)、「ぱっとメールを開いたときに画像が見えたほうがクリック率が高かった」といった傾向も見られましたので、当然ながら今後はURLのクリック(=Webへの遷移)増も目標の一つとして、改善を行っていきたいと思います!

◆コンテンツの充実
このコラムにおいても「知っていると“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。」がコンセプトです。見た目だけでなく、本当の意味でみなさまのメール配信に役立つ情報をお届けしていくことが、メールという情報伝達ツールの一番の価値だと改めて感じています。それを実現するコラム・メルマガになっていけたらと思います!

 

以上の配信結果もまだまだサンプルとしては少ない状態ですし、まだまだデータとして報告できるレベルのものではなかったかもしれません。それでも、今後もいろいろなことを試してみて、徐々にでも、みなさまに価値にとって価値ある情報発信ができればと思っています。
本年も、そして今後とも、何卒よろしくお願いいたします^^/

ページの先頭へ