“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

大量メールならメール配信システムの導入を!

こんにちは!MS事業部の木村です。
マーケティングの一環としてメール配信を行っている企業様は多いと思います。

しかしメール配信システムを導入せずに、配信を行っている企業様も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな企業様から「運用に時間がかかってしまう、メール配信に遅延が起きる」など、ご要望をよく耳にします。
本コラムでは、メール配信システムを活用することによるメリットについて、ご紹介します。

メール配信は有効なマーケティング手段の1つ

 

 

マーケティングを行う場合、メール配信は有効的な手段のひとつです。しかし、大量のメール配信はやり方を間違えると、手間がかかりすぎることもあります。手作業でのメール配信を行っている方は、便利なメール配信システムを導入すると良いでしょう。それでは早速、メール配信システムのメリットを徹底解説していきます。

 

大量メール配信の懸念事項1 手間がかかる

 

パソコンに標準実装されているメールソフトを使って大量にメール配信をすることは可能ですが、大量の文字入力やコンテンツ作成作業、ダブルチェック、配信などにかなりの手間と時間がかかってしまいます。

 

大量メール配信の懸念事項2 BCCの配信は危険!

 

また、安易にBCCで配信すると個人情報漏洩にもつながりかねないので避けるべきです。BCCと間違えて受信者のメールアドレスが受信者全員に共有されるCCで配信してしまうと情報漏洩となり、失った信用を取り戻すのに時間と手間がかかります。標準実装されているメールソフトによる大量のメール配信は危険度が高いことを認識する必要があります。

 

大量メール配信の懸念事項3 配信スピード

 

メールマーケティングの規模が大きくなれば、配信先が何万件にも及び、配信スピードが遅くなってしまいます。配信が完了するまで1日では終わらないときも出てきます。そうなると最適なタイミングでメールを届けることができず、マーケティングの意味を果たさなくなってしまう恐れがあります。

 

メール配信システムのメリットとは?

 

配信スピードをアップさせて新鮮な情報をユーザへ届けたいのなら、メール配信システムを導入しましょう。メール配信システムでは、適切なタイミングで大量配信できるだけでなく、メールを受信者のゴミ箱に入らないようにできるため、メールマーケティングの基本である確実にメールを届けることも可能となります。また、HTMLメール作成が容易に行えるなどより魅力的なメール作りにも役立てられます。
さらに、メール配信システムを利用すると高度なレベルでのマーケティングが行えます。どのユーザが、いつ、メール本文に記載されているURLをクリックしたのか、クリックカウントを取得することはメールマーケティングではとても重要です。その他にも、セグメント配信でユーザに適したメールの作成も簡単に行えるので、マーケティング効果をぐっと高められます。

 

仕事が楽になるメール配信システムの選び方

数あるメール配信システムの中でも、自社に合ったものを見極めることが大切です。どのシステムを導入すれば良いか悩んでいるのなら、無料トライアルを試してみるのも良いでしょう。
無料トライアルはこちら
メール配信システムを選ぶ際は、メールマーケティングに使える機能を備わっているものであることの他に、使いやすさもとても重要な要素です。いくら優れた機能があっても直感的に操作できなければ、機能を十分に活用しきれません。役立つシステムを使いこなすために、操作性にも重点をおきましょう。またメールマーケティングを余すところなく活用するためにも、役立つ分析機能が付いたものを積極的に選んでいきましょう。

 

メール配信システムで確実にメールを届けよう!

メールマーケティングでは、ユーザにきちんとメールが届いているか、届いたメールは見てくれているか、見た後どのような行動をとるのかは気になるところです。メール配信システムはユーザへ確実にメールを届け、その後の動向までも知ることができる大変優れたツールです。ビジネスを成功へと導くチャンスを広げてくれるメール配信システムをぜひ検討してみてください。

ページの先頭へ