“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

メールが届かない!?原因と対策まとめ

メール配信ツールを利用しても、送ったメールが相手に届かない。
または送られたはずのメールが受信フォルダに入っていなかったりといった経験をしたことはありませんでしょうか?

なぜメールが届かないのか…
メールマーケティングの効果を最大限に発揮するために、メールが届かない原因を把握し、対策を行っていきましょう。

メールアドレスの入力ミスに注意

メールが届かない原因のひとつに、メールアドレスが間違っているケースがあります。配信対象リストを手入力で作成している場合に発生する可能性が高いです。大文字と小文字、数字の0とアルファベットのOなどメールアドレスが少しでも違う場合、送信しても相手にメールは届きません。

手入力で配信対象リストを作成するのではなく、登録フォームを利用し、登録されたメールアドレスに確認メールを送るなどの方法を用いて、メールアドレスの間違いを少なくしましょう。

受け取る側に原因があることが多い

メールが届かない原因は様々な理由がありますが、実は、受け手側の問題で届かないケースが送信側の問題よりも多いということをご存知でしたか?

例えば、メールアドレスが変わりアドレス自体が存在しない、受信ボックスがいっぱいでそれ以上メールを受け取れない、迷惑メールに設定しているなどの問題が考えられます。

届かないメールアドレス宛てにメール配信をし続けると、エラー率が増加してしまい、ブロックされてしまう可能性があります。相手にメールが届かなかったときに、送信側が送信の失敗とその理由を知ることができます。弊社のメール配信管理システム「repica editor」ではエラーコードというものが付与されるため、なぜ送信に失敗したのかを把握することが可能です。複数回メール配信を行っても届かなければ、失敗理由を把握し、配信対象リストの精査、除外をすることをおススメします。

関連コラム
「メールのエラークリーニング、していますか?」

【補足】エラーメッセージを装った迷惑メールに要注意
エラーメールを装ってウィルスを仕込んだ添付ファイルを送り付けるスパムメールもあるので注意が必要です。エラーメールを受け取ったら、まず誰に送ったメールがどのような原因でエラーになったかを確認するだけに留め、添付ファイルは絶対に開かないでメール自体を削除してください。

スパムメール扱いされているケースもある


メールソフトやISPの迷惑メール対策がスパムだと判断し、受信されないケースもあります。よりユーザーの利便性を向上させようと自動的にスパムを弾くフィルターが設定されていることは多いです。しかし、普通のメールでも件名や文章の中にスパムフィルターに引っかかりそうな言葉がいくつかあると、受信側が迷惑メール設定をしていなくてもフィルターが反応して届かなくなるケースがあります。スパムフィルターに引っかかる可能性が高いものには、お金に関する言葉や感嘆符をたくさんつなげている等があります。スパムフィルターに引っかからないように上記の言葉の使用は極力避けるようにしましょう。

関連コラム
「今すぐ始められる!(送信側の)迷惑メール対策」

関連コラム
「今すぐチェック!迷惑メールと見なされないための対策15コ(2017年10月度版)」

まとめ

メールが届かない原因はいくつも考えられます。メールマーケティングにおいてメールが届かない事態は、大きな損失を意味します。まずは今回の記事を参考に、メールが届かない原因に該当していないか、ひとつひとつチェックすることから始めてみてください。

ページの先頭へ