“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

【IT超入門編】知っているようで知らない「CSV」について

こんにちは!メッセージングソリューション部の藤川です。
今回は【IT超入門編】の第2弾として、「CSVとは?」をお届けしたいと思います!

★第1弾はこちら↓↓
【IT超入門編】「ドメイン」ってなに?!~ドメインとメール配信の関係~

入社してから3ヶ月が経ち、アララのメール配信システムである「repica sender」「repica editor」「repica auto-mail」に関して理解が深まりつつあります。

アララの製品を勉強していく中で、よく「CSV」という単語が登場してきました。しかし、この「CSV」とはどのようなものなのか、アララではどのように使われているのか、ということが分からず苦戦しておりました…
「CSV」については、メール配信以外でもよく使われており、ご存知の方も多いと思いますが、実際にどのような構成になっているのか曖昧な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のコラムでは、「CSV」とはどのようなものなのか、アララでこれがどのように使われているかを、IT初心者にでも分かりやすくご紹介したいと思います^^

CSVとは

CSVとは、「Comma Separated Values(カンマ セパレーティド ヴァリューズ)」の略で、各項目間がカンマ(,)で区切られたデータのことです。直訳すると「カンマで値を分ける」という意味になります。

このCSVのデータは、下記図のようにテキスト(文字)とカンマ(,)で構成されています。

これらのデータをまとめたものを、「CSVデータ」といいます。
CSVデータについて下記図を使いながら、詳しく説明していこうと思います。

では、ここからAさんという女性を一例に説明していこうと思います。

Aさんの情報である「住所」「名前」「生年月日」などの1つ1つの情報は「フィールド」といいます。このフィールドが1つにまとまったデータ(Aさんの情報全て)を「レコード」といいます。さらにレコードが複数格納してあるファイル(AさんからDさんまでの情報全てまとめたファイル)を「CSVファイル」といいます。

一般的にCSVファイルは、Excelで表示されることが多いです。しかしExcelの裏側では、最初の図のようにテキスト(文字)とカンマ(,)だけのデータが記載されているのです。

ここで、「CSVとExcelって一緒なの?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?こちらについては次の項目で、詳しく解説していきたいと思います。

 

CSVとExcelの違い

CSVデータはテキスト(文字)とカンマ(,)だけで構成されていますが、私たちからすると凄く読みづらいデータになっています。そこでExcelなど異なる形式でそのCSVデータを読み込み、表示することで「読みやすく」かつ「活用しやすい形」にしているのです。
                    ※CSVデータをExcelで表示した例
このようにExcelなどの他のアプリケーションで、CSVデータなどの異なる形式のデータを読み込むことを「インポート」といいます。このインポートしたデータと、一般のExcelを見分けるには「拡張子」を見てみてください!
  ※左:Excel形式でインポートしたCSVファイル  右:一般的なExcelファイル

拡張子は「.◯◯◯」で表示され、ファイル名の後ろに付いています。「▲▲さんの情報.csv」とフィル名が表示されているものはCSVデータをインポートしたファイルということになります。

 

アララではどのように使われているのか

では実際に、アララでは「CSVファイル」をどのように使用しているのかみていきましょう!

現在アララでは、主に2通りの使い方をしています。
①CSVファイルを用いて、配信リストやユーザ属性をシステム側に簡単登録できる
(自動で行うことも可能です^^)
②メールの効果測定結果をCSVで出力できる

①CSVファイルを用いて、配信リストやユーザ属性をシステム側に簡単登録できる
こちらはメール配信管理システム「repica editor」の機能の1つです。
方法としては、repica editorからのCSVテンプレートをダウンロードし、そこに顧客情報を入力後、repica editorにインポートします。これで登録完了です!
オプション機能で、自動で登録することも可能になっています。

②メールの効果測定結果をCSVで出力できる
こちらもアララのメール配信管理システム「repica editor」の機能(※オプション機能)の1つで、「配信したメールは、どのぐらい開封されているのか」「メールに記載しているURLがどのぐらいクリックされているのか」などを見ることが可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回のコラムで、「CSV」と「アララのメール配信システムの機能」については少しはご理解いただけたでしょうか^^

次回のコラムもお楽しみにしていただけると嬉しいです!

ページの先頭へ