“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

アララ メッセージソリューションの強みとは?メールマーケを支援!

こんにちは!営業担当の村松です。
今回は、「アララ メッセージソリューションの3つの強み」を紹介します。

メール配信の効果測定が可能|強み1

効果測定機能とは、メールを受信したユーザの反応を測定するものです。効果測定をすることでユーザが何に興味をもっているかを把握できるようになります。そのため、興味のありそうな情報を送ることが可能になり、購買に繋げることが可能となります。弊社製品のメール配信管理システム「repica editor」には主に3つの効果測定機能が備わっています。

クリックカウント機能

クリックカウント機能とはメール本文に記載したURLがクリックされた回数を測定する機能です。どのメールアドレスがいつクリックしたかを確認することも可能です。【誰が】【いつ】【どのコンテンツに】反応したかが分かります。

開封確認機能

開封確認機能とは配信したメールが「どの程度開封されたか」を測定する機能です。開封率を確認することで、開封のキッカケとなるメールの件名に興味を持ってもらえたか、お客様の反応をみることができます。「読みたいと思われる件名のつけ方がわからない」という方はこちらのコラムを参考にしてください。

コンバージョン機能

コンバージョン機能とは配信したメールをきっかけに目的ページへ何件到達したかを測定する機能です。目的ページには、購入完了ページやお問い合わせ完了ページなどを設定します。repica editorの管理画面では、クリック数、開封数、コンバージョン数の集計結果が分かりやすいグラフ表示で見ることができます。

メールマーケティングとは?メリットとデメリットも解説


資料ダウンロード(無料)


 

API連携でメール配信を自動化|強み2

API(Application Programming Interface)とは、異なるシステム同士をつなぐ役割を担うシステムを指します。例えば、ECサイトで商品を購入をすると、購入完了メールが送られてきます。このメールを自動で送る場合には、配信先リストなどの情報を保有するデータベースとメール配信システムの連携が必要になります。この連携を簡単に実現するのがメール配信自動連携API「repica auto-mail」です。

API連携とは~3つのメリットとその事例~

API連携のメリット

API連携のメリットとしては「作業の自動化」や「データ連携」が挙げられます。具体的には、以下のようなことも可能です。

  • 顧客リストを自動で取得できる
  • 配信日時の指定や会員情報の差し込み、画像添付、本文指定などができる
  • 配信したメールの配信結果の取得できる

 

XMLファイル1つでリクエスト可能

「いつ」「誰に」「どんな」メールを配信するか複数条件をリクエストする際でもrepica auto-mailは、XMLファイル1つでリクエストが可能です。複数のファイルを用意する必要はありません。プログラム開発に伴う手間や複雑な設定が不要となるため運用工数の削減につながります。

オールインワンでメール配信|強み3

アララ メッセージングソリューションは、効果測定機能のついたメール配信管理システム「repica editor」メール配信自動連携API 「repica auto-mail」に加え、高速メール配信エンジン「repica sender」で構成されており、オールインワンでご利用いただくことが可能です。

高速メール配信エンジン(Mail Transfer Agent、MTA)とは大量のメールを高速に、かつ遅延なく安定して配信できるシステムです。repica senderは携帯電話やスマートフォンはもちろんPCにも高速で配信がすることができ、多くのお客様にご好評いただいております。

【導入事例】gmail、yahoo宛のメール配信性能を重視しrepica sender導入

メールマーケティングを支援するアララメッセージングソリューション

アララ メッセージングソリューションには今回ご紹介できなかった便利な機能がたくさんあります。

お気軽にこちらからお気軽にお問い合わせください。


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ