“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

SPFとは?迷惑メール対策に

こんにちは!営業担当の村松です。

前回のコラムは、ランサムウェア(感染したシステムへのアクセスを制限し、ファイルを暗号化、使用不能にするマルウェア)をご紹介しました。今回は、迷惑メール対策に有効な「SPF」についてお伝えします。

なりすましメールとは

ランサムウェアの感染経路は迷惑メールです。迷惑メールの一種である「なりすましメール」は、第三者が有名企業や公的機関を装い送信するメールです。差出人名やアドレスを偽ることで受信者にメールを開封させ、ランサムウェアなどのウイルス感染やフィッシング詐欺などの目的があります。被害を受けると金銭や機密データを奪われるだけでなく、会社の信用問題にも繋がるため注意が必要です。

なりすましメールの仕組み

電子メールの送信の際には、一般的にSMTP通信を使います。SMTPによる電子メールの送信では、送信者メールアドレスが2種類与えられます。この2つは同じでなければならない規則はなく、また、任意のアドレスを指定できるため送信者の偽称が可能です。このようにして差出人のアドレスを偽ったなりすましメールが送られます。

<送信者へ付与される2種類のメールアドレス>

  • ヘッダー上に示される送信者アドレス(From:)
  • SMTP通信でのコマンドの引数として与えられるメールアドレス(MAIL FROM:)

SPFとは

SPF(Sender Policy Framework)とは電子メールの送受信において、送信元のドメインが詐称されていないかを検証する送信ドメイン認証方式です。

SPFの仕組み

SPFは、メール送信元IPアドレスを送信側のDNSサーバへあらかじめ登録することで確認を行います。DNSサーバはドメイン名とIPアドレスを紐づけるデータベースを管理しているため、ドメイン名の問い合わせに対してIPアドレスを答える役割を担っています。また、DNSサーバへ登録する情報は「SPFレコード」と呼びます。

受信者はメールを受信した際に、送信元のDNSサーバへSPFレコードを要求し、その回答と実際の送信元IPアドレスが一致するか確認することで、送信ドメインの認証を実施します。

【その他のなりすましメール対策】DKIM

アララ メッセージングソリューションで迷惑メール対策

SPFレコードをFromドメインのDNSに公開することで、ランサムウェアの感染経路であるなりすましメールを防ぐことができます。メール配信をする際はぜひご利用ください。

資料ダウンロード(無料)

弊社が提供するrepica editorでは、メール配信システムをご利用いただくお客様には必ず登録していただいております。そんなrepica editorをはじめとした「アララ メッセージングソリューション」は、迷惑メール対策として有効です。さらに、3パーツをフレキシブルに組み合わせての利用が可能です。
・高速メール配信エンジン「repica sender」(MTA)
・メール配信管理システム「repica editor
・メール配信自動連携API「repica auto-mail

オプション機能を含め、お客様のご要件に応じて構成をアレンジすることができます。また、すべての製品にオンプレミス版とASP版を用意。ASP版はサーバ共有プランと専有プランに対応しており、ご要望・ご予算・配信ボリューム等に合わせた、最適なご提供が可能です。
メール配信に関するご相談がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ