“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

セグメント配信について(よくあるご質問)

セグメント配信について、お客様からよくいただくご質問についてお答えします。

セグメント配信とは

セグメント配信とは、配信リストから対象となる顧客を条件で絞り込み(ターゲティング)メールを送信するメールマーケティング手法の一つです。セグメントメールや抽出配信と呼ばれる場合もあります。

例えば、30代女性のみ、半年以内の購入者のみ、など配信対象を限定し、対象者に訴求したい内容でメール配信を行いたい場合に用います。

セグメント配信の方法

セグメント配信を行うためには、まずは顧客データの用意が必要です。自社の顧客管理ツールやCRM、名刺管理アプリなどから必要な属性を準備しましょう。
セグメント配信の機能が搭載されている弊社製品では2つの方法でセグメント配信が可能です。

システムの管理画面上で配信

メール配信管理システム「repica editor」では、メール作成時に管理画面上から条件を設定し、セグメントを抽出してメール配信をすることができます。

例えば、東京で開催する美容液の直接販売のお知らせの場合は「女性」「東京在住」「購入日が半年以内」、来店後のサンキューメールにクーポンをつけたい場合は「来店日が1週間以内」「購入金額」などでセグメントを抽出してみましょう。

ECサイト事業者の場合
「フォローアップメールで 購買率・リピート率を」

XMLファイルを使用し配信

メール配信自動連携API「repica auto-mail」では、API連携でセグメント配信をする場合、XMLファイルにセグメント条件を記載し弊社にリクエストを送信するだけで配信が可能です。

XMLファイルについての関連コラムはこちら
【事例紹介】APIで自動メール配信を実現!

セグメント配信の効果

「商品購入日」「店舗来店日」「性別」「住所」など、条件を細かく指定し、ターゲットを絞ることで、ニーズに合致した情報配信や、属性に応じた情報提供が可能となります。
セグメント配信をすることで、訴求効果が高まり、一斉配信に比べ開封率やクリック率が促進すると言われています。

ただし、送りすぎると読み手側に敬遠される恐れがあるため、メールそのものの価値を下げないよう配信頻度には注意が必要です。

ページの先頭へ