“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

【2021年版】年賀メールの送信方法とは?メリットも解説

公開日: 最終更新日:

こんにちは!営業担当の門倉です。

11月後半になると、年賀状の検討を始める方が多いのではないでしょうか。

ビジネスで利用する場合「はがき」と「メール」どちらにするかも悩みどころかと思います。
そこで、利用が高まっている「HTML形式の年賀メール」を作成する際のメリットや注意点をご紹介します。

\期間限定!スポット契約可能なお得プラン!/


年賀メール限定プラン詳細はこちら!


 

増えているHTML形式の年賀メール利用

年始の挨拶と言えば年賀状を連想しがちですが、2018年の年賀状(2019年に届く年賀状)発行枚数は24億枚(参考:2019(平成31)年用年賀葉書等の発行及び販売)で、ピーク時2003年の44.6億枚と比べ半減しているそうです。
その要因は、法人の利用が減っていることが挙げられます。

年賀状に代わり、利用が増えているのが年賀メールです。

近年、ソフトウェアの進化やデータ送信量の増加により、テキストメールにとどまらずHTML形式で年賀メールを送る企業も増えています。

同じ内容のメールでも、テキストメールとHTMLメールではこんなに印象が変わります。

メール比較

(左)テキストメール、(右)HTMLメール

HTMLメールとテキストメールの違い

 

年賀メールのメリット

利用が増している年賀メールですが、年賀はがきと比べたメリットは3つあります。

 

年賀メールメリット①コストダウンにつながる

一番のメリットは、コストダウンです。

年賀はがきを送る場合、はがき代はもちろん、宛名やデザインの印刷など多くのコストが発生します。
送る量に比例してコストが膨らむので、宛名不明で戻ってくることがないよう送信先リストの精査が必要です。

メールの場合、送信コストやデータの準備、デザイン作成をする作業コストは発生しますが、メール配信システムを利用すれば外部への支払いは抑えることができるので、圧倒的なコスト削減につながります。

 

年賀メールメリット②サイトへ誘導が可能

年賀はがきの場合、URLを記載してもアクセスされるとは限りません。

はがきの受け手自身がPCやスマホからアクセスする必要があるため、行動喚起のハードルが高いと言えます。

一方、メールの場合、受け手は本文に記載されたURLをクリックするだけなので、簡単にサイトへ誘導することができます。

 

年賀メールメリット③保存・管理が簡単

メールであれば、受け取り手が必要なタイミングで確認ができるだけでなく、年賀状のように管理をする必要がないことも利点といえます。

BtoB向けに利用する際は、年賀メールをきっかけに後のお問い合わせにつながることも考えられます。

 

年賀メールを送ってみよう

利用するに越したことがない年賀メールですが、いざ「年賀メールを送ってみよう!」と思っても、何から手をつけて良いか分からない・・・。

そんな方は、以下の手順を参考に年賀メールを送ってみましょう。

 

手順1.データの準備

はがきで送る場合同様、宛先の情報がなければ送ることができません。メール配信に必要な情報は、「メールアドレス」「相手の会社名」「担当者名」の3つです。

年明けに受け取るメールであればなおさらですが、メールの冒頭に宛名が入っていないと「複数人に同じ内容のメールを送っている?一斉配信なのかな?」と思われてしまい、あまり印象が良くありません。
BtoBであれば「社名」や「担当者名」、BtoCであれば「お客様名」を入れるようにしましょう。

また、BtoBの場合は、相手にあわせた一言メッセージなどを加えると良いでしょう。最近コンタクトを取った方や懇意にしていただいている方へ送る場合は特に喜ばれます。

 

手順2.HTMLメールのデザイン構成を考える

HTMLメールで一番重要なのはデザインです。

見た目を意識するのはもちろん、目的(役割)に応じたデザイン構成を考えることが大切です。
例えばECサイトで購入を促す場合、メール本文でたくさんの商品を文字で紹介するよりも、ECサイト内の商品ページに誘導させるボタンを置くことを意識したデザインが効果的です。

年賀メールは、日頃お付き合いのある方へのご挨拶の役割を担っているため「誰からのメールなのか」はもちろん、イメージカラーやロゴを使い「ブランドの演出」を意識すると良いでしょう。
使用する画像はフリー素材よりもオリジナル画像を用意して使うことをおすすめします。デザインが決まったら、準備したデータをどの位置に配置するかを決めます。

 

<年賀メールの構成例>

  • ヘッダー
  • 年賀用の素材
  • 新年のご挨拶
  • トピックス
  • サイト誘導
  • フッター

<年賀メールの作成例>

HTMLメールのデザインについてはこちら

 

手順3.メール送信のテストと予約

作成したメールは、必ずテスト配信を行いましょう。

実際に受け取り手側の立場に立ってみることで、構成や内容などメール作成時に意識していなかった気づきがあるかもしれません。

問題がなければ、配信日時の予約をして作業は完了です。間違って年内に送ってしまうことの無いように気を付けましょう!

 

年賀メールのテンプレート集

デザインが難しいと感じた方には、当社のメール配信システムrepica editorをおすすめします。

60種類以上のテンプレートがあるため、テンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にデザイン性の高いHTML メールを作成することができます。
もちろん、年賀メール向けのテンプレートもご用意していますのでご紹介します。

 

年賀メールテンプレート①:上品な年賀メール

上品さを演出したい場合には、ゴールドの縁やアイキャッチの写真がお正月の華やかさを醸し出すこのメールテンプレートが最適です。

アイキャッチとなる上部の画像素材に文字を含まないため、見出しに新年の挨拶を記載することができます。
「新年あけましておめでとうございます」以外にも「謹賀新年」など自由に挨拶の文面を変えることができます。

高級デパートの初売りセールはもちろん、高級レストランなどカジュアルさを出したくないシーンでご利用いただけます。

本文の内容を編集していただければ、取引先への新年のご挨拶メールとして活用することも可能です。

 

年賀メールテンプレート②:カジュアルな年賀メール

イラストがカジュアルで赤枠が目を引くメールテンプレートです。
デザインがPOPなので、子ども用品を扱うショップはもちろん保育園からのメールなど、可愛さやカジュアルさを出したい場合にご利用いただけます。

ただし、カジュアルなデザインとなっているため、取引先への挨拶としては不向きです。
取引先へのメールと使用したい場合はアイキャッチを変えていただく必要があるでしょう。
(※アイキャッチは管理画面から簡単に編集することができます)

 

年賀メールテンプレート③:初売りセールの年賀メール

初売りに最適なメールテンプレートです。アイキャッチに「新春初売り」の文字が大きく記載されているので、メールの内容が一目で分かるデザインになっています。

福袋やクーポンなどを配布したい際にも最適です。

こちらも「新春初売り」がアイキャッチになっているので取引先には向きませんが、アイキャッチを変更することで取引先へも使用可能です。

 

年賀メールの作成はrepica editor

いかがでしたか。いかがでしたか。年賀メールのメリットや送り方などお分かりいただけましたでしょうか。

寒くなってきたなと思ったら、年賀の挨拶の準備が必要ですね。
ぜひ本コラムをご参照いただき、今年は年賀メールに挑戦してみてください。

また、HTML化が難しいと考えている方はぜひ当社のメール配信システムrepica editorをご利用ください。
今回ご紹介した3つのテンプレート以外にも60種類以上のテンプレートをご用意しておりますので、オリジナルのHTML年賀メールを作成いただけます。

HTMLメールの作り方は?誰でも簡単に作成できるツール

 

なお、”年賀メールだけ送りたい”という方のために「年賀メールプラン」をご用意しています。

ご紹介した、簡単にHTMLメールを作成することが可能なメール配信システム「repica editor」をスポットでご利用ができる大変お得なプランとなります。

お気軽にお問い合わせください!

年賀メール限定プラン詳細はこちら!


 


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ