“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

HTMLメールとテキストメールの違い(よくあるご質問)

HTMLメールとテキストメールの違いについて、お客様からいただくご質問についてお答えします。

HTMLメールとテキストメールの違い

メルマガ配信で使うメールには大きく分けてHTMLメールテキストメールの2種類があります。まずはその2種類のメールの違いを見てみましょう。

このように一長一短のあるHTMLメールとテキストメールですが、それぞれのメリット・デメリットを理解し、配信したい内容によって選択することが大切です。
 

HTMLメールとは

HTML(HyperText Markup Language)とはWebページを作成するために開発された言語です。 現在、インターネット上で公開されてるWebページのほとんどはHTMLで作成されています。
このHTMLで作成されたメールをHTMLメールと呼びます。HTMLメールではWebページのように文字のフォントや色、大きさを変えることができるだけでなく、画像や動画を入れるなど、表現力の高い訴求力のあるメールを作ることができます。


お問い合わせはこちら

HTMLメールのメリット

・メールの開封率を取得できる
・画像やHTMLを用いて視覚的な訴求ができる

HTMLメールのデザインについてはこちら

HTMLメールのデメリット

・専門的なHTMLの知識が必要
・テキストメールに比べ、容量が重くなる可能性が高いためサーバに負荷がかかりやすい
・受信者側の環境によりメールが正しく表示されない可能性がある

テキストメールとは

テキストメールとは、テキスト形式で作成されたメールのことです。 コンピュータの内部で使用される文字には、各国の規格で決められた「識別番号」が付いています。この識別番号を、「文字コード」と呼び、「文字コード」だけを使って作った文章のことを「テキスト」と呼んでいます。

テキストメールのメリット

・容量が軽い
・専門的な知識やツールがなくても作れる
・表示される状態が受信者の環境やメールソフトに影響されにくい
・セキュリティなどではじかれる可能性が低い

テキストメールのデメリット

・テキストメッセージだけのためビジュアル的な訴求ができない
・メールの開封率が取得できない
・効果測定の施策(計測用のパラメータなど)が隠せない

HTMLメールとテキストメール、どちらが使われているの?

一般社団法人日本ビジネスメール協会が発表している「ビジネスメール実態調査2018」によると、仕事でメールの送受信に使用している形式は「テキスト形式」(65.86%)が6割を超えているそうです。しかし、年別で見ると「テキスト形式」の使用が減少の傾向にあるという結果がでています。(出典:一般社団法人日本ビジネスメール協会 「ビジネスメール実態調査2018」

テキスト形式のメールはまだまだ重宝されていますが、スマートフォンの普及とともにHTMLメールの活用の幅が広がっています。ただし、自由度の高いHTMLメールは、画像データの添付ができるため容量が大きくなりやすく、迷惑メールとしてはじかれる懸念もあります。以下のコラムを参考に対策をしておくと良いでしょう。

送信側の迷惑メール対策はこちら

一方、テキストメールは、すべてのメールソフトで受信が可能ですが、パソコンとスマートフォンでは表示される横幅が異なります。罫線等で装飾をする場合は、デバイスによる見え方にも配慮が必要です。要するに利用用途に応じてHTMLメールとテキストメールを使い分けることが大切だといえます。

HTMLメールの事例~年賀メール~はこちら

マルチパートメールも忘れずに

マルチパートメールとは複数の種類のデータを持ったメールのことです。HTMLメールは受信側の環境により受け取れない場合があるため、受信者の環境に応じてHTMLメールとテキストメールを表示分けできるマルチパートメールの設定を必ず行いましょう。

HTMLメールとテキストメールを使い分けましょう

HTMLメール、テキストメールにはそれぞれメリットとデメリットがあります。どんなメール配信をしたいか明確にし、配信内容に適した方法でメールを配信しましょう。
メール配信でお悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策
 

ページの先頭へ