“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

【メール配信・初級②】repica editorでできること~配信作成編~

こんにちは!メッセージングソリューション部の藤川です。
今回は、HTML形式でのメール作成から予約設定までの流れをご紹介します。導入いただいたユーザ様必見!メール配信・初級シリーズの第二弾です。

HTML簡単モードとは

HTML簡単モードとは、弊社製品のrepica editorに搭載されている誰でも簡単にHTMLメールを作ることができる機能です。
従来、HTMLメールを作成するには、HTMLタグを使用しなければなりませんでした。しかしHTML簡単モードなら、あらかじめ用意されているテンプレートをベースに、ドラック&ドロップで文章や画像の要素を動かすだけで簡単に本文を作成することができます!


 

メール本文作成

repica editorを起動し、メール作成画面右側に表示される「HTML簡単モード」をクリックします。

 

差し込みの設定

差し込み機能とは、メール件名やメール本文に「名前」「会社名」「誕生日」などユーザー個別の情報を差し込むことができる機能です。

HTML簡単モードの場合は、以下のステップで設定します。

1.本文要素を選択し、差し込みたいところにカーソルをあわせる
2.上部に表示されるタブの中から右から2つ目の「差し込み」ボタンをクリック
3.差し込みの種類が表示されるので、必要なものを選択

 

テキストメールの場合は、メール作成画面の右のタブより上から3つ目の「差し込み」ボタンをクリックします。

 

クリックカウントの設定

クリックカウントとは、HTMLメールやテキストメールに埋め込まれたURLがどの程度クリックされたかを測定することができる機能です。repica editorのクリックカウントは、HTML簡単モードを一旦終了し、通常モードから設定します。

 

開封確認の設定

「配信したメールがどの程度閲覧されているか」気になりますよね?開封確認機能を使えば、配信したメールがどの程度開封されたかを確認することができます。ボタン1つで設定できるので、ラクチンです!

各機能についての関連コラムはこちら
アララ メッセージソリューションの強みとは?

※HTMLメール及びPCアドレス向けにのみご利用いただけます

 

テスト配信

思い通りの本文が作成できているか、本番配信前に大事なテスト配信。PCやスマートフォンなどデバイスに応じて、適切に表示されるか確認されていると思います。repica editorなら、わざわざテスト配信を送らずに、QRコードを読み取るだけで、スマホから簡単に確認が可能です。


 

仮設定から配信へ

メール配信は、文面はもちろん配信先や配信のタイミングなど配信前に確認すべき点が多いです。そこでrepica editorではメール配信を複数人体制で運用されることを想定し、作成者がメール作成後にダブルチェックのための設定を行い、管理者が最終確認を行った上で配信できる仮設定の機能を設けています。人為的な誤配信などの防止につながる仮設定の機能は多くのユーザ様に使われているためこの機会に紹介します。

▼ 配信までのステップ
1.作成 : 本番配信の権限を持たないアカウントでメール作成の作業を行う
2.確認 : テスト配信やQRコードからの確認により責任者は配信内容を確認
3.承認 : 責任者はeditor上から配信を承認する
4.完了 : メール配信が完了
 

HTMLメールも簡単に作れる「repica editor」

repica editorのHTML簡単モードを使えば、誰でも簡単にHTMLメールが作成できることが伝わりましたでしょうか。
実は、このHTML簡単モードは、お客様のお声から追加された機能です。「伝えたい事を、伝えたい時に、伝えたい人に届ける」をコンセプトにしているからこそ日頃よりお客様のご要望をうかがい、製品作りに活かしております。

HTMLメールを作成したい、テンプレートを用いてデザイン性の高いHTMLメールを作成したい、という方は是非一度お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ