“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

IPアドレスとは?

公開日: 最終更新日:

こんにちは!営業担当の梅川です。

インターネットの基礎知識から学びはじめた際に、まず初めに気になるIPアドレス。

今回のIT入門編では「IPアドレス」について説明いたします。

 

IPアドレスとは

IPアドレス(Internet Protcol Address)とはネットワーク上にある機器を識別するための数値です。

通信相手を間違わないために用いられており、ネットワーク上の住所や電話番号のような役割をしています。

例)192.168.1.1

IPアドレスは数字で表したものですが、私たちが見て理解できるように文字で表したものを「ドメイン」と言います。

「ドメイン」ってなに?!メール配信との関係も解説

 

IPアドレスの種類

IPアドレスには、グローバルIPアドレスプライベートIPアドレスの、2種類があります。

グローバルIPアドレスは「外部との通信を可能にするアドレス」、プライベートIPアドレスは「内部のみの通信を可能にするアドレス」を示します。

 

グローバルIPアドレスとは

グローバルIPアドレスとは、インターネットに接続する機器に割り当てられるIPアドレスです。

住所や電話番号と同じように、グローバルIPアドレスは世界中で重複しないように作られ、管理されています。

電話で例えるなら、グローバルIPアドレスは「外線」と言え、電話をかけるために必要不可欠です。1台1台の機器に割り振られるため、誰からの電話なのかが分かります。

 

プライベートIPアドレスとは

プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)とは、インターネット接続を必要としないプライベートネットワーク(社内LANなど)で使用できるIPアドレスです。

グローバルIPアドレスを「外線」とするならば、プライベートIPアドレスは「内線」と言えます。

【参考】プライベートIPアドレスが登場した背景
1980年代以降インターネットが爆発的に成長し、グローバルIPアドレスが枯渇するという問題がありました。
そこで、組織内の機器はプライベートIPアドレスを使用し、ルーターを中継してネットワークにアクセスすることで、大量のグローバルIPアドレスを消費することなくインターネットに接続できるようになりました。

 

IPアドレスが割り当てられる仕組み

IPアドレスがどのように割り当てられるのか、「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」それぞれ解説します。

 

グローバルIPアドレスが割り当てられる仕組み

IPアドレスは非営利法人である「ICANN」が大元になって全世界的に管理をしています。

その下には地域インターネットレジストリ(RIR)と呼ばれる、世界の地域ごとにIPアドレスを割り当てる組織が存在します。

例えば、北米地域のIPアドレスを管理する「ARIN」、ヨーロッパ地域のIPアドレスを管理する「RIPENCC」、そして私達アジア・太平洋地域のIPアドレスを管理する「APNIC」などです。

さらに「APNIC」の下には日本のIPアドレスを管理している「JPNIC」という組織があります。

配下にはさらに狭い地域を担当する組織が…というように階層構造になってIPアドレスは割り当てられています。

JPNICは、日本に割り当てられたIPアドレスについて、さらにIPアドレス管理指定事業者に管理を委託しています。

JPNICから委託を受けた IPアドレス管理指定事業者は、顧客やISP(インターネットサービスプロバイダ)へ提供しています。

このような階層構造でIPアドレスは管理され、ユーザがインターネット接続のために利用する際に、業者から自動的に一つのグローバルIPアドレスが提供される仕組みになっているのです。

 

プライベートIPアドレスが割り当てられる仕組み

オフィスや家庭でパソコンなどの端末をルーターに接続すると、自動的にプライベートIPアドレスが与えられます。

これには「DHCPサーバ」というサーバが関与しています。

DHCPサーバは、インターネットなどのIPネットワークに一時的に接続する機器に、IPアドレスなど必要な情報を自動的に発行しています。

このDHCPサーバのおかげで、人の管理不要でネットワーク接続している他の端末と重複しないプライベートIPアドレスが自動的に付与される仕組みになっています。

 

プライベートIPアドレスの調べ方

では、プライベートIPアドレスはどうしたら分かるのでしょうか?

ご自身のPCが接続しているプライベートIPアドレスの確認方法をお伝えします!

とても簡単ですので皆さんも確認してみてください。
※Windowsの確認方法です

1.キーボードの[windows]キーを押しながら[R]キーを押します。

2.「ファイル名を指定して実行」ウィンドウの「名前」ボックスに”cmd”と入力し「OK」ボタンをクリックします。

3.背景が黒いコマンド画面が出てきたら、”ipconfig”(キャプチャ黄色文字参照)と入力し、[Enter]キーを押します。

4.[Enter]を押すと、下の画像の画面が出てきます。その中の「IPv4 アドレス」の値が今ご使用中のIPアドレスです!(キャプチャ黄色文字参照)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、IPアドレスの基礎知識から振り分け方法や確認方法などをご紹介いたしました。

IPアドレス確認は、記載の手順で簡単に調べられます。

是非、皆さんもご自身のPCのIPアドレスを確認してみてください!

【IT超入門編コラム】
httpとhttpsの違いとは?今更聞けない「s」の意味
CSVファイルとは?Excelファイルとの違いについて


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ