“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

メール配信サービスの比較ポイントとは?基礎知識から解説

こんにちは!営業担当の藤川です。

潜在顧客に商品やサービスを紹介するために、メール配信サービスを取り入れようとお考えの方は多くいるでしょう。
本記事では、メール配信サービスとは何か、メール配信サービスを提供する企業の選び方、おすすめのメール配信サービス提供企業についてお伝えします。

 

メール配信サービスとは

メール配信システムを利用すると、商品・サービスを宣伝するメールマガジンやシステムメンテナンスのお知らせメール、サイトに会員登録した際のお礼メールなど、大量のメールを一度に配信できたり、何かのタイミングに合わせて自動でメールを配信できたり、様々なメリットがあります。

一括でメールを送信することだけが目的であれば、BCCを利用して一括送付することもできます。しかし、手動での設定は、人的ミスでcc欄に顧客のメールアドレスを記載してしまうこともあり、情報漏えいリスクが伴います。
また、同一サーバからメールを大量に一斉送信すると、迷惑メールだとシステムが判断し送信先にメールが届かないといった問題も生じます。
「顧客に確実に届くようなメールを送りたい」「情報漏えいのリスクを極限までなくしたい」「ターゲットユーザーにメールを効率的に送りたい」場合は、システムの利用が効果的だと言えます。

メール配信システムの活用メリットはこちら

クラウド型かオンプレミス型か要チェック

メール配信サービスには、クラウド型オンプレミス型があります。それぞれの特徴を紹介します。どちらが自社に適しているか確認してみてください。

 

クラウド型とは

クラウド型は、自社サーバを用意する必要がなく、インターネットに接続できる環境であればどこでも利用できる点が魅力のサービスです。複雑な設定は不要で、サービス利用にかかる費用もオンプレミス型に比べ比較的安価と言えます。
初めてメール配信サービスを利用する企業には、導入しやすいサービスと言えます。

 

オンプレミス型

オンプレミス型とは、自社サーバを設けてシステムを構築するメール配信サービスです。自社の特徴にあわせたオリジナルのシステムを構築できる点が特長です。
ただし、サーバの導入やシステム構築にコストと工数がかかってしまう側面があります。

 

メール配信の機能で要望を叶えられるか

メール配信サービスに搭載されている機能は、およそ以下の通りです。

  • メールの一斉・自動送信機能
  • メールリストの管理機能
  • HTMLでメールを配信する機能

使用目的を叶えられる機能を搭載しているサービスを選ぶことが大切です。

 

セキュリティ対策は万全か

多様化するネット犯罪に対応できるセキュリティ対策が施されているかどうかも事前に確認しておきましょう。SSL、ウイルス対策などもサービス選定時にチェックしておくとよいでしょう。

セキュリティについてはこちら

メール配信サービスの比較ポイント


メール配信サービスを比較する際のポイントについて解説します。自社が導入したいものは何かを明確にすることが大切です。

 

ニーズに合ったプランを選べるか?

小規模人数や個人業者として利用する場合は、コストを抑えることに重点を置けるサービスを選ぶとよいでしょう。
たとえば、共有サーバであれば専用サーバよりも安くメール配信サービスを利用できるため、コストインパクトをおさえられます。
ニーズに合ったプランを選ばないと、不必要な機能にまで料金を払うことになる可能性があります。自社のニーズに合ったプランを選べる業者を選びましょう。

 

登録アドレス数による従量課金型か?

サービス利用時の料金設定も事前に確認しましょう。メールを配信した通数に応じて料金が発生する従量課金型サービスの場合、通数が増えるほど費用が膨らんでしまいます。
一方、登録したメールアドレス数に応じて料金が定められたサービスであれば、配信頻度が増えても利用料金は一定のため、費用が膨らむ心配がありません。
メールマガジンの配信頻度が高い場合は、登録メールアドレス数による料金設定の配信サービスを選ぶと良いでしょう。

 

arara messaging solutionは比較ポイントを網羅

弊社製品のarara messaging solutionは、先述した比較ポイントを網羅したサービスです。
顧客のニーズに合わせ、最適なプランを選べるほか、月間の配信ユニークアドレス数で料金を設定します。例えば、5,000メールアドレスに対して月間何通メールを配信しても料金は一律といったメリットがあります。
また、10年以上メール配信サービスを続けてきた実績と安心感のもと、サービスを利用できるのも魅力です。

 

まとめ

メール配信サービス業者選定のポイントをご紹介しました。
まずは、「ターゲットを絞ってメール配信をしたい」、「クリック率を知りたい」など、自社がメール配信サービスを通して実現したいことは何かを明確にしておきましょう。
登録メールアドレス数で決められた料金設定の場合、配信通数が増えても料金は一律のため、配信回数が多い企業は料金設定にも注目してみてはいかがでしょうか。

弊社製品のarara messaging solutionは、今回紹介した比較ポイントを全て兼ね備えており、多数の導入実績をもつサービスです。目的と利用シーンを明確にしたうえで、適切なメール配信サービスを選定しましょう。

ページの先頭へ