“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

メールサーバの複数ある役割を紹介!メール配信の全体像を知ろう!

メールの送受信する際には、役割を持った複数の個別のメールサーバを活用していることをご存知でしょうか。単一のサーバだけでメールの送受信が成り立っているわけではありません。

本記事では、活用されるサーバの種類やそれぞれが担っている役割についてご紹介します。

メールサーバとは

あなたがメールを誰かに送る際、先述した通り単一のサーバだけでは相手にメールは届きません。

利用しているメールサーバを通り、さらにDNSサーバを介して送信先のIPアドレスを明らかにしてから送信先である相手のメールサーバへと送られます。IPアドレスとは、インターネットの世界における住所のようなもの。つまりメールサーバとは、いわばあなたと送信先の仲介役です。
IPアドレスの詳細はこちら

送信したメールが相手に届くまでの順序は以下の通りです。

  1. 送信したメールがメール送信用に使われるサーバに到達する
  2. DNSサーバがドメイン名を基にして、誰に送信するのか(受信先)を明らかにする
  3. 明確になった送信先(受信先)のサーバへメールを送る
  4. 受信用に使われるサーバがメールを受け取る
  5. 受信者のメールボックスに届く

送信する際だけではなく、受信する際にもメールサーバが利用されていることが分かりましたでしょうか。

受信する際に使われるメールサーバに関しては、後で詳しく説明します。

メールサーバの種類とそれぞれの役割

メールサーバには別々の役割を持ったサーバが複数あることによって成り立っています。

メール送受信に使用されるサーバの種類とそれぞれのもつ役割について解説します。

SMTPサーバ

メールの送信の際に必要なサーバです。あなたが誰かにメールソフトを利用しメールを送った際は、まずメールソフトに設定されているSMTPサーバに届けられます。このサーバは送信されたメールを受け取り、宛先として書いたメールアドレスから送信したい相手のメールサーバを特定します。そして、次のメールサーバへとメールを転送します。

DNSサーバ

DNSサーバは、SMTPサーバが転送してきたメールの送信先のIPアドレスを明らかにする役割を担っています。メールの送信先を特定していると言うと分かりやすいでしょう。

また、ユーザが各々で使っているIPアドレスが重複しないように管理する役目ももっています。IPアドレスは住所のようなものなので、重複してしまっては正しい送り先にメールを届けられないからです。

POP3

POP3はSMTPサーバとは異なり、受信時に活用されます。POP3サーバにあるメールをデバイスにダウンロードして、デバイス上でメールを管理する役割を担っています。

メールを受信したユーザは、メーラーからPOP3にアクセスしてメールを受け取る仕組みになっているのです。POP3はオフラインの状態でも使用可能である点が特徴的です。

IMAP

IMAPは、POPとは異なりデバイスにメールをダウンロードせず、サーバ上で受け取ったメールを管理します。

そのため、PCを使わずとも、外出先でもスマートフォンなどを利用すればメールをチェックできる点が特徴です。

メールサーバで役割を分担している

メールの受け渡しに使用されるサーバにはどのような種類があるのか、それぞれの役割、メール配信サービスの種類について解説しました。

メールの送受信では、さまざまなメールサーバがそれぞれの役割を果たし連携をとることで成立しています。


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ