“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

特定電子メール法とは?オプトインで個人情報を守る

こんにちは!営業担当の門倉です。
メールマーケティングを行うにあたって、必ず知っておかなければならない特定電子メール法ですが、十分に理解していますか?メルマガご担当者様の「今さら聞けない」を解決します。

迷惑メールの送信を規制する特定電子メール法

特定電子メール法とは、営利目的で多数宛に配信する迷惑メールを規制する法律です。インターネットの普及に伴い、迷惑メールが氾濫し社会問題になったため制定されました。

<特定電子メールの歴史>
平成14年 : 4月成立、7月施行
平成17年 : 特定電子メールの範囲拡大、架空アドレスへの送信禁止
平成20年 : オプトイン規制の導入

特定電子メールの送信等に関するガイドライン[総務省]

違反した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金

特定電子メール法に違反した場合、罰則を受けることになります。違反の状況により、個人では「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、法人では「行為者を罰するほか、法人に対して3000万円以下の罰金」が課せられることがあります。また、企業は信用を失い、イメージダウンによる長期的なダメージを受ける可能性もあります。自社のマニュアルやコンプライアンスが準拠しているか改めて確認してみましょう。

●関係法令・ガイドライン
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律 改正法の概要 (PDF:182KB)
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律施行規則
特定電子メールの送信等に関するガイドライン(PDF:1.8MB)

●パンフレット・ハンドブック
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント(PDF:2.40MB)

特定電子メール法4つのポイント

どのようなメールが規制の対象となり、どのような対策をすれば良いのか。3つのポイントに分けて解説します。

①オプトイン|メール送信の同意を得る

現在の特定電子メール法では、あらかじめ同意した者に対してのみ広告宣伝メールを送信できる「オプトイン方式」が義務付けられています。(法第3条第1項[特定電子メールの送信の制限])ウェブフォームから会員登録や資料請求をする際に「個人情報の取得に関する同意をする」あるいは「メールマガジンの購読を希望する」などといったチェックボックスを見たことはありませんか。このチェックボックスにチェックをいれることで、ユーザがオプトインによる同意をした、とみなされます。

オプトインの意味って??オプトアウトとの違いも解説!

お問い合わせはこちら


総務省のガイドラインではより具体的な項目が推奨事項としてあげられています。

<ガイドラインでの同意取得の推奨事項>

  • 極端に小さな文字で表示するなど、わかりにくい表示は避ける
  • 頻度や容量が多い場合はその旨を記載する
  • イベント主催者等の第三者を通じて利用者から同意を取得する場合は、あらかじめ別の特定の送信者・送信委託者から広告・宣伝メールが送信される旨を表示する
  • 配信希望欄をデフォルトオフに設定する
  • ダブルオプトイン方式(ユーザが登録したメールアドレスに確認用のメールを送り、確認メールのURLをクリックして本登録となる)の採用

②表示義務|同意を得た証明

配信するメールは、ユーザが事前に同意したメールであるか判断できるような分かりやすいメールでなければなりません。そのため、同意を得て広告宣伝メールを送信する場合でも、送信者にはメール本文内もしくはリンク先ページ内に以下の表示が義務づけられています。(法第4条[表示義務])

<表示が義務付けられている事項>

  • 送信者などの氏名又は名称(会社名・サービス名など)
  • 受信拒否(オプトアウト)の通知を受けるための電子メールアドレス又はURL
  • (上記の直前または直後の位置に)受信拒否の通知ができる旨の記載
  • 送信者などの住所
  • 問い合わせを受け付けることができる電話番号、電子メールアドレス、URL

③オプトアウト|配信解除の意思表示

オプトインがメールの受信の同意を得るものであるのに対し、オプトアウトはメール受信の拒否を意思表示するものです。ユーザが簡単にオプトアウトの意思表示ができるよう、メール本文内に「配信解除手続きはこちら」といった文言を記載する必要があります。

▼弊社が配信するメルマガのフッター

これら3つのポイント以外にも「送信元アドレスのなりすまし」も禁止されています。(法第5条[送信者情報を偽った送信の禁止])送信元アドレスをなりすましたり、表示しないようにするのも違法となります。

・なりすましメールとは?
・なりすまし対策に!SPF、DKIM

参考:特定電子メール法以外にも知っておきたい「個人情報保護法」

メール配信の際には特定電子メール法だけではなく個人情報保護法にも気をつけなくてはいけません。個人情報は氏名や住所、電話番号だけでなくメールアドレスも該当します。弊社はアララメッセージングソリューションだけでなく個人情報検出・管理ソリューションP-Pointerも提供しています。こちらでは個人情報保護法について解説していますので是非ご覧ください。

オプトアウト機能がついたメール管理システムrepica editor

メール送信の同意を得るオプトイン、同意を得ていることの分かるメール配信、そしてメールの中で配信解除ができるオプトアウト。特定電子メール法を3つのポイントに分けて解説しました。それぞれを理解し、ルールを守ったメール配信を行いましょう。
弊社の提供しているメール管理システムrepica editorにはオプトアウトとして使える配信停止フォームの機能があります。

▼repica editorの配信停止フォーム画面

ユーザは受信したメール内のURLをクリックすることで、フォームから簡単に配信解除を行えます。そのリクエストはrepica editor内で自動で処理されるため、送信側は解除の作業も不要です。
紹介した機能が気になられた方はもちろん、メール配信についてのご相談はいつでも受け付けております。是非お気軽にお問い合わせください。


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ