“ビビビ”とわかる! メール配信のコツ by arara messaging div.

メールマーケティングに関して、知っていると
“ちょっとイイコトがある”情報をお届けいたします。

メルマガの配信頻度は気にしてる?配信頻度の決め方をご紹介

こんにちは。営業担当の藤川です。

メルマガの配信頻度を気にしたことはありますか?
メルマガの配信頻度が多すぎるとユーザに配信解除される可能性が上がり、少なすぎても忘れ去られてしまう可能性があります。

今回はメルマガ配信するうえで重要な「配信頻度」についてご紹介します。

メルマガの配信解除をする原因の約7割は「配信頻度が多い」

ユーザがメルマガ配信を解除する原因としては以下が挙げられます。

  • メルマガの配信頻度が多い
  • メルマガの内容のボリュームが多い
  • 実際に求めていた内容ではなかった
  • メルマガの内容がつまらない

特に、メルマガの配信頻度に関しては深刻な状況となっており、ある調査 では、メルマガの配信解除した人の約7割が「配信が多すぎる」ことを理由に上げているそうです。
配信頻度が多いメルマガは次から次へとメールが届くために読み切ることが難しく、ユーザに負担を与えてしまう可能性があります。

また、このような場合はメルマガの内容も薄くなってしまいます。内容が薄いメルマガは受け取る必要性を感じられなくなり、メルマガを解除されてしまうこともあるでしょう。

メルマガの配信頻度によるメリットとデメリット

配信頻度が多いメルマガと少ないメルマガのメリットとデメリットをまずは把握することが大切です。

内容を把握し理解した上で配信頻度を確定させましょう。

メルマガの配信頻度が多いメリットとデメリット

【メリット】

  • ユーザへたくさんアプローチすることができる。
  • ユーザと良い関係を構築しやすい。
  • コンバージョンの取得に繋がりやすい。

【デメリット】

  • 配信解除率が高くなる
  • メルマガの内容が薄くなる

配信頻度が多いメルマガの場合、ユーザとの接点が多くなるためユーザへアプローチをする機会を増やすことができます。
同時にユーザと良い関係を構築しやすくなり、リピーターや優良顧客になってもらえることもあるでしょう。

また、配信頻度が多いことによってメルマガからのコンバージョンの取得にも繋がりやすくなります。
 
その一方で、しつこいと思われて配信解除される確率も上がります。
また、配信頻度が多い場合は、メルマガの配信内容に悩むことも増えるでしょう。

結果として、配信する情報がないために内容が薄くなり、メルマガを受け取っているユーザにとって必要性を感じなられなくなり、配信解除されることも考えられます。

メルマガの配信頻度が少ないメリットとデメリット

【メリット】

  • ユーザの負担が少ない
  • 内容の濃いメルマガを配信できる

【デメリット】

  • ユーザに忘れられる
  • コンバージョンの取得に繋がりにくい

配信頻度が少ないメルマガの場合はゆっくり読むことができるのでユーザの負担は少ないでしょう。

また、1通に時間をかけてメルマガを作成できるため、ユーザにとっても有益となるような内容の濃いメルマガを配信することが出来ます。
 
一方で配信が少ないためにユーザに忘れられてしまうこともあります。他のメルマガにも埋もれてしまうことも多くなり見つけにくくもなります。

配信頻度が高いメルマガよりもユーザの目に止まる回数もすくないため、コンバージョンの取得にも繋がりにくいでしょう。

メルマガの配信頻度の決め方

実際、メルマガ配信頻度に関しては明確な正解はありません。
先述したようにそれぞれにメリットとデメリットがあります。
では、最適な配信頻度はどうやって決めれば良いのでしょうか。

メルマガの頻度を決める方法としては以下があります。

競合他社のメルマガに登録する
同じ業種である他社のメルマガを複数登録し、どのくらいの頻度で配信されているかを確認することも方法の1つです。
配信頻度以外にも、配信している時間帯やメルマガの内容も合わせて参考にすることが出来ます。
参考にできるところ取り入れて最適な頻度を分析してみると良いでしょう。

アンケートを利用しユーザに聞く
メルマガを受け取っているユーザにアンケートを取ってみても良いでしょう。
実際にユーザの声が聞けるので、最適な頻度でメルマガを配信することができるようになるでしょう。
ただし、アンケートのみでは回答数が得られない可能性があるので、アンケートと同時にクーポンなどを配信するとより良いかもしれません。

また、セグメントをおこない地域別や年齢層別にメルマガを分けて配信するのも良いでしょう。
ユーザの属性に適したメルマガを配信することで、ユーザにとっても有益な情報を得ること可能となるので配信解除をされにくくなります。

メルマガ配信頻度のまとめ

ユーザの行動に合わせて適切なタイミングでメールを配信することも重要です。
全体に配信をするメルマガの頻度を増やさなくてもユーザとの接点を多く持つことが出来ます。

アララメッセージングソリューションは、アドレスリストの中から配信したい属性(地域別や年齢層)のみを抽出して配信できる「セグメント抽出機能」や、ステップメールでは購買日付など、起算日に合わせたメール配信を設定することができる「ステップメール機能」があります。

メルマガ配信の際は、適した配信頻度でユーザの有益な情報を配信することを意識しましょう。

メール配信についてのご相談はいつでも受け付けております。是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 


 関連コラム

【導入事例】APIでメール配信を自動連携!MAツール編

メール配信が遅延する原因と対策

ページの先頭へ