メール編集・管理システム

セキュリティ対策

安心してご利用いただける万全のセキュリティ対策

TLS暗号化対応

送信先がTLSに対応している場合、TLS暗号化したメール配信ができます。
WebメールサービスのGmailではTLSを採用しており、TLS対応することで、警告アイコンは表示されなくなります。

DKIM対応

DKIMとは、電子署名をベースとした送信ドメイン認証技術で、迷惑メール対策として、メール受信者はメールの正当性を確認することができます。信頼性の高い作成者署名にも対応します。

S/MIME対応

S/MIMEとは、メールに電子署名を添付することにより、送信元が正当であることを証明することができる技術です。金融機関などのより強固なフィッシング対策として活用いただいています。
※オプション機能

その他のセキュリティ対策

  • IPアドレス制限
  • SSL暗号化
  • パスワード強度設定
  • 操作権限管理
  • 操作ログの記録
  • セキュアなインフラ
  • 脆弱性定期チェック
  • Pマーク取得

セキュリティ対策により、安全性が高く、
安心してご利用いただけるクラウドサービス環境を構築

「repica editor」は、高速メール配信エンジン「repica sender」と合わせてご提供しております。
なりすましメール対策として、「SPF」の対応はもちろんのこと、
電子署名により送信元の正当性を証明する「DKIM」「S/MIME」にも対応。
またTLS暗号化メール配信にも対応し、より安全なメール配信を可能とします。

ページの先頭へ