よくあるご質問

メール配信に関して

SPFとは何ですか?

SPFとは、Sender Policy Frameworkの略称です。送信するメールが、正当なメールサーバから送信されたものか否かを認証する技術です。
メールを送信するサーバの情報をDNSサーバ上で公開し、送信されたメールのドメイン名とDNSサーバのSPFレコードとの整合性を受信サーバ側で確認することで、そのメールが正当なメールサーバから送信されたものかを認証する技術を示します。

DKIMとは何ですか?

DomainKeys Identified Mailの略称です。送信するメールが、正当なドメイン(送信元)から送られてきたのかを判断する技術です。
「DKIM」に対応したメールサーバからメールを送信すると、メール本文などを元に秘密鍵を用いた電子署名がメールのヘッダーに付与されます。受信側のメールサーバでは、メールを受け取ると、送信側メールサーバが公開する公開鍵を用いて、正しいドメインからメールが送られているのか電子署名を検証し、正当なドメイン(配信元)として認証します。

なりすましメールとは?

送信元を架空のメールアドレスや、他人のメールアドレスと偽って送られてくるメールを「なりすましメール」といいます。
「なりすましメール」は迷惑メールと判断される可能性があります。

導入・利用に関して

個人での申込みは可能ですか?

国内法人様向けのサービスとなっております。

申込み後、いつから利用できますか?

お申し込み後、5営業日程度でご利用を開始いただけます。
※但し、ASP専有プランをお申込みいただいた場合、開始までの期間は別途ご相談となります。

申込み前に試用することはできますか?

はい、お試しいただけます。
ご希望の場合は、お問合せフォームまたは、お電話(03-5414-3611)にてお申込みください。

利用料金を教えてください。

料金プランについては、こちらをご覧ください。ご質問や詳細につきましては、お問合せフォームまたは、お電話(03-5414-3611)にてご連絡ください。

ASP版とは何ですか?

ASP版とは、アプリケーションやネットワークなど弊社が保守・保全している環境をお客様へ提供するものです。お客様には、インターネット環境をご用意いただく必要があります。

【ASP版の導入メリット】
アプリケーションのバージョンアップ等があっても、運用管理作業が発生しないというメリットがあります。

オンプレミス版とは何ですか?

オンプレミス版とは、弊社が保有するソフトウェアのライセンスを使用許諾する形でお客様へ提供するものです。お客様には、ソフトウェアをインストールするサーバをご用意いただきます。

【オンプレミス版の導入メリット】
自社環境にて運用管理いただけるメリットがあります。

メール配信エンジンだけでも利用できますか?

高速メール配信エンジン(MTA)「repica sender」は、ASP 版、オンプレミス版ともに単体でご利用いただけます。
ASP 版ではお客様環境からのメールのリレー配信ができ、到達性を向上できます。
オンプレミス版ではお客様環境のメール送信サーバとして使用でき、高速配信を実現できます。

機能面に関して

高速メール配信エンジン(MTA)「repica sender」にはどのような特長がありますか?

「repica sender」 は、最大約180万通/時間あたりの配信速度を誇る業界屈指の高速メール配信エンジンです。
携帯(フィーチャーフォン・スマートフォン)向けメールの遅延解消、確実なメールの到達を独自の配信ロジックにて実現します。
もちろんPC向けのメール配信にも対応しています。

メール配信管理システム「repica editor」にはどのような特長がありますか?

「repica editor」は、高速メール生成・配信に特化したデータベースを持つ、メール配信管理システム (ASP版/オンプレミス版提供可) です。
HTMLメール(デコメール) を簡単に作成できる操作性に優れているだけでなく、メール配信設定時のセグメント抽出機能やアドレス単位での配信結果確認機能などを備えています。

なぜ、高速メール配信エンジン(MTA) は、携帯メールを高速に配信でき、確実にキャリアへ到達させることができるのですか?

弊社が開発を手掛ける高速メール配信エンジン(MTA)「repica sender」 は、蓄積したノウハウを元にした独自のメール配送ロジックを備えています。そのため、携帯キャリア毎に効率的なセッション管理・制御ができ、高速かつ大量なメールでも確実に配信することが可能です。

配信対象メールアドレスをメール配信管理システム「repica editor」のデータベースへ登録するにはどのような方法がありますか?

以下のいずれかの方法で、配信対象のメールアドレスを「repica editor」のデータベースへ登録することができます。

・CSV ファイルによるアップロード
メール配信管理システム「repica editor」 の管理画面からCSVファイルでアップロードが可能です。

・アドレス単位での直接登録
メール配信管理システム「repica editor」の管理画面からメールアドレスを1件ごと直接登録することができます。また、外部システムから CSVで自動登録できる連携オプション機能もご用意しております。

・CSV 自動インポート機能オプション
CSV ファイルを HTTP 経由で外部システムから自動登録できる連携オプション機能です。

属性情報を元にセグメント抽出したリストに対して、メールを配信することはできますか?

配信したい対象のセグメント項目をチェックするだけで、簡単に対象者を抽出できます。もちろん抽出したリストに対してメール配信することができます。

夜間や特定の時間にメール配信を禁止する設定はできますか?

管理画面から設定が可能です。配信したくない時間帯を選択し配信設定を行ってください。

名前などの属性情報をメール本文に差込むことはできますか?

メール本文には、属性情報の差込みが可能です。repica editor管理画面から簡単に設定することができます。

携帯(フィーチャーフォン・スマートフォン)向けHTMLメール (デコメール) の作成・配信は、簡単にできますか?

操作性の高い管理画面となっているため、HTMLタグの知識が無くても、直観的な操作で簡単にHTMLメール(デコメール)を作成いただけます。文字の色や大きさを変えるだけでなく、動きを付けたり、背景色を付けたりすることができます。また、画像の添付も簡単に行えます。

絵文字には、対応していますか?

携帯キャリア共通の絵文字、携帯キャリア毎の絵文字に対応しています。絵文字パレットから、簡単に絵文字を入力いただけます。

PC向けのメール配信には対応していますか?

PC 向けのテキストメール、HTML メールの作成・配信が可能です。

編集中のメール本文がどのように表示されるか確認はできますか?

メール作成画面にあるプレビュー機能を用いて、編集中のメール本文が実際にどのような体裁になっているのか確認することができます。また、テスト配信機能を用いて、予め設定した確認用のメールアドレスへテストメールを送信することができます。

メール配信後、エラーとなったメールアドレスをクリーニングすることはできますか?

恒久的なエラーとなったメールアドレスは、次回配信時から除外することができます。また、恒久的なエラーアドレスはCSV ファイルで取得できるので、お客様のマスタ DB 側で削除も行えます。

メールの自動配信を行いたいのですが、既存のシステムとの連携はできますか?

外部システムとの連携も可能です。「repica auto-mail」を利用すれば、簡単にメールの自動配信が可能です。

メール配信管理システム「repica editor」で対応している言語を教えてください。

メール配信管理システム「repica editor」は、日本語(ISO-2022-JP,Shift_JIS)、英語(US-ASCII)、中国語繁体字(BIG5)、中国語簡体字(GB2312)、西ヨーロッパ言語(ISO-8859-1)、韓国語(EUC-KR)、多言語(UTF-8)に対応しています。

添付ファイル付きのメールを一斉配信することはできますか?

メール配信管理システム「repica editor」のメール作成画面から、簡単に添付したいファイルを設定し、一斉配信することができます。
※添付できるファイル数は3件までです。

HTMLメールとテキストメールを一緒に配信する、マルチパート配信はできますか?

メール配信管理システム「repica editor」のメール作成画面から「HTML」と「テキスト」両方のメール本文を設定できます。簡単にマルチパート配信をすることができます。

API連携で自動配信はできますか?

「repica auto-mail」をご利用いただければ、メール配信のリクエストを簡単に外部システムとAPIで自動連携させることができます。

ログインアカウントの権限規定はできますか?

任意でログインアカウントを追加できます。また、アカウント毎に操作権限の付与も可能です。

ページの先頭へ