サービスについて

こんなシーンで活用できます

地方自治体の場合

即時性が求められる緊急情報をAPI連携で自動配信

災害発生時などにおける緊急情報メールは、1分1秒でも速くメールを生成し、かつ確実にメールを送信する「即時性」が不可欠です。
この即時性を高めるのに有効なのが、メールの生成から配信まで自動で行うAPIの活用です。

緊急事態が発生した際、基幹システムから送信先アドレス、件名、本文等の情報を記載したXMLファイルをメール配信自動連携API「repica auto-mail」に送信するだけでメール配信管理システム「repica editor」が自動でメールを生成し、配信まで行います。

 

 

 

 

ページの先頭へ