サービスについて

こんなシーンで活用できます

メール配信の効果測定をしたい

「メールマーケティングって本当に効果があるの?」を解決する、効果測定機能

メールマーケティングを実施している企業にとって、やはりその「結果=効果」は気になる部分です。ただやみくもにメール配信をするだけでなく、クリック数が高く購買につながりやすいメール本文を作成したり、より効果の高い配信時間帯にメールの配信予約設定をしたりと、効率的にPDCAを回さなければ最大の効果は期待できません。

そこで重要になってくるのが、メールの「効果測定機能」です。効果測定機能とは、配信設定時にあらかじめクリック数やコンバージョン数などを測定するための設定を施し、メール配信後にメール受信者がどれだけそのアクションをしたのかを測定することができる機能です。メールマガジンやキャンペーン告知メールの配信効果の確認には必要不可欠です。

メールが開封されたか、URLがクリックされたかを確認したい

メールの開封率やクリック率を把握し、メールマーケティング施策の改善に活用

メール配信後、注目すべき点は、「そのメールがどれだけユーザの興味を喚起したか」です。仮に、ユーザにとって全く有益と思えないメールを送り続けていた場合、時間と費用のムダになってしまいます。

上記のムダを解決するために、「そのメールがどれだけ開封されたか」「メール内に記載したURLがどれだけクリックされたか」を測定する、開封確認機能やクリックカウント機能があります。開封確認機能とは、送信したメールの開封数を測定する機能です。また、クリックカウント機能は、メール本文中に記載したURLのクリック数を測定するもので、送信したメールの本文中の各URLへ遷移したユーザ数をクリック率として表示する機能です。

これらを利用することで、配信したメールの開封数(率)やクリック数(率)を確認することができ、メールマーケティング施策の分析や改善を行うことができます。

アララがご提供する、メール配信管理システム「repica editor」では、配信したメールがどれだけ開封されたか、メールの本文中に記載したURLどれだけクリックされたかを測定することができます。また、詳細なレポートでは、開封/クリックをしたユーザや時間、キャリアやデバイスまで確認することができます。

※クリックカウント・開封確認機能オプションは、「repica editor」のオプション機能です。
※開封確認は、PC向けHTMLメールのみの対応となります。

repica editorクリックカウント・開封確認の方法

メールからWEBの目的ページへの到達率を取得したい

メール経由のコンバージョン率を把握し、ユーザのリアルなアクションを把握

メール配信の目的を明確にしておくことは、運用を行っていく上で大変重要なことです。「メールが開封される」、「メールの本文中のURLがクリックされWEBに遷移される」点はもちろんのこと、最終的には「ユーザに何らかのアクションを実行してもらうこと」が送信側の主な目的になるかと思います。

例えばそれは、商品の購入や会員登録、資料のダウンロード等、WEB上で完結するものかもしれません。その場合、実際に配信したメールをきっかけにしたアクションを測定する機能が必要です。商品の購入完了ページや資料ダウンロードの完了ページ等の 目的ページ(例えばユーザが特定のアクションを完了した後のページ)にどれだけのユーザが到達したか、コンバージョン率を測定することができる機能です。

アララがご提供する、メール配信管理システム「repica editor」では、メールの本文中に記載したURL経由でWEBの目的ページへどれだけのユーザが到達したかというコンバージョン率を測定することができます。また、詳細なレポートでは、目的ページへ到達したユーザや時間、キャリアやデバイスまで確認することができます。

※コンバージョン機能オプションは、「repica editor」のオプション機能です。

repica editor

効果測定結果をもとに資料作成や分析をしたい

効果測定結果を“見える化”することで、視覚的に効果を実感

メールを作成・配信し、さらにせっかく実施した効果測定も、PDCAに則って運用しなければ無意味なものになってしまいます。それらを効率的に運用するためには、測定結果とそこから導き出される課題を適切に把握した上で都度改善策を検討することです。多くのメール運用担当者様は、その課題について社内共有し、施策について相談する機会があるのではないでしょうか。

その際に便利なのが、効果測定結果のレポート機能です。数字や文字だけでなく、グラフ等で視覚的に確認することで、結果や効果をより直感的に確認することができます。

アララがご提供する、メール配信管理システム「repica editor」では、クリック率、開封率、コンバージョン率といったメールの効果測定結果を、配信結果ごとにグラフィカルな表示で確認することができます。集計結果レポートは、時間別・日別・週別・月別で、折れ線グラフで表示されます。また、ユーザエージェントからキャリア/デバイスを判別して、円グラフでアクセスの割合を確認することもできます。

効果測定や、測定結果の活用に関するご相談等がございましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

repica editor
ページの先頭へ